スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

Salyuの歌声にのせて 2012年11月03日 YouTube

 


【ニコニコ動画】【MAD】ボーレタリアに輝石を添えて【デモンズソウル】
(ニコニコ動画版)


「ああ、なんて綺麗なんだろう!」と、単純に気に入って何度も見ていたデモンズソウルのMAD動画。

ビョークの歌をバックにきらきらと光る石を置いていくのがなんとも不思議な感動があって、ほんとに何度も何度も見ていたこの動画が、
じつはある目的のために放送されたニコニコ生放送を編集しなおしたものだったと知ったのは、かなり後になってからでした。


============================================================================



デモンズソウルというゲームは特殊な人気のあるゲームで、普通に攻略したあと、 その魅力に取りつかれた人は、
さらに楽しむためにいろんな「縛り」をして難易度をあげ、 何度も何度も攻略を楽しむ傾向があります。
そして、その縛りゲームの模様を動画にあげて、他のプレイヤーもそれを見て一緒に楽しむのです。
わたしもそういう動画を見て、あこがれをもち、自分も動画を上げるような環境を整えたりしていました。



その動画主の中に、病いに倒れた方がいらっしゃいました。


その方は若い女性で、仕事もばりばりとこなされながら、デモンズソウルを大好きになり、動画もあげ、
これからもみんなと一緒にデモンズソウルをもっともっとプレイしたいと楽しみにしておられる最中でした。
普通に武器を強化しても難しい攻略を、こぶしひとつで攻略していくという縛りプレイをされていました。


突然の病に倒れ、闘病生活にはいられたその方に向けて、同じプレイヤー仲間が励ましの動画を作ってアップされました。
それが、こちらの動画です。



【ニコニコ動画】【MAD】デモンズソウル攻略 私の拳で逝きなさい【感謝】









たくさんの仲間の励ましと祈りの中、その年の6月末、動画主さまは永眠されました。



そして、なにか彼女のためにデモンズでしてあげられることはないだろうかと、残された仲間の方たちが考えたのが、
生前に彼女がやりたがっていた「ユーリア縛り」という企画の攻略をやる、ということだったのです。
ユーリアという魔女のコスチュームで、敵を倒したらきらきらひかる輝石というアイテムを置き、輝石がいっぱいになったら強力魔法「炎の嵐」を発動できるという、
美しい縛りのプレイでした(もちろん、もっと複雑なきまりがありますが)

放送当日、たくさんの方が集まり、彼女をしのびながら、ユーリアとともに美しいこの縛りプレイの生放送を行ないました。
放送は長時間におよび、それを、企画された動画主様が冒頭の作品にまとめられたのです。




わたしが無自覚に「ああ、きれい」と喜んでいたあの輝石の光は、 こころざし途中ではかなく亡くなってしまった彼女の冥福を祈る、
みんなの祈りの光だったのでした。


それをしったとき、わたしは胸がいっぱいになってしまって、言葉がありませんでした。
事情をしって再びその動画を見たとき、涙があふれてとまりませんでした。
彼女を励ますための動画も、胸を締め付けます。
彼女は病に倒れた後も、元気になって早くデモンズをやりたいと、いろんな企画をあたためていたそうです。


彼女の最後のニコレポの記録は、新しく始まった別の女性動画主さんのデモンズプレイ動画を、ウォッチリストに登録したものでした。
きっと、これから楽しみに視聴するつもりだったのでしょう。



デモンズソウルを知ったことで、たくさんの喜びも、その中で起こった悲しい出来事も、そして、その悲しみを癒す祈りの光をも、
わたしは知ることになりました。





******************************************************************************


今日、以前から尋ねようと思っていたバラライカさん作のスライドショーのバックに流れている曲の詳細を聴いて、この思い出を記事にしようと思いました。

そのBGMは、この、【MAD】デモンズソウル攻略 私の拳で逝きなさい【感謝】でも美しい歌声でわたしの心を揺さぶった、
Salyuさんのものだったからです。


バラライカさんの口から「コルテオの・・・」という言葉がでたとき、真っ先にこの曲のことを思い出して、
「コルテオって車名ですよね?そのCM曲で好きな曲があるんですよ・・」と、車のコルテオの曲だとばかり思い込んでいたわたしは、
そのコルテオではないとわかって(ああ、じゃあちがうんだ)と別物と考えてしまったのでした。
あとで、確認のためチェックして、同じ歌のことをいってたんだと気づいたときのショック・・・
ああ、なんてわたしって間抜けなんでしょう!!!(;_;)


でもこの偶然も、なにかのSalyuさんが引き合わせてくださっているような・・・。

そう考えて、この、思い出の動画をご紹介させていただきました。


関連記事
スポンサーサイト
ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。