シュガーマン 奇跡に愛された男(Searching for Sugar Man) 2014年02月12日 MOVIE コメント:2

 






70年代初頭 デトロイトの酒場で歌っていた男が見出されデビューした

昼間は他人の家の修繕や 建築現場で働き
荒廃した街をうろつき歩いては スラム街で見たことをそのまま歌にする
暗い酒場で聞いたその歌声は
必ずやヒットソングになるとスカウトした人間を興奮させた

しかし結果は惨敗に終わる
批評家に認められはしたものの 全くそれは売れはしない
そして わずか二枚のレコードを残し彼はその世界から姿を消した



やがて 南アフリカに一枚のレコードが海をわたって届く
アメリカ人の女の子が友人に土産として渡したともいわれるそれは 彼の出したレコードだった

その歌を聴いた青年が気に入り そのレコードを買おうとしたがどこにもない
彼はしかたなくカセットテープにそれをとり 友人たちとまわし聞く
歌は人々の心を捉え 徐々にレコードが売れ始めた

勢いはとまらず 彼の歌は一大ムーブメントを巻き起こす 
南アフリカでアルバムセールス50万枚以上のメガヒットとなり 知らないものはいなくなった
そして彼は当地で エルビス・プレスリーやビートルズ以上の大物ミュージシャンとして認識された

さらにその歌詞は当時のアパルトヘイトに抵抗する若者たちに共鳴され
彼は抵抗運動の音楽的アイコンとなる


しかしそこでも誰も知らなかった
彼が何者で どこにいて 何をしているか



噂では あるコンサートでへまをして彼は自殺したらしい
いろいろなことがうまくいかず 客が騒然とする会場で 彼はとても優しくある曲を演奏し歌った後
聴衆の前で 頭に拳銃をあて 引き金を引いて自殺したと



・・・・◆・・・・




この謎の歌手ロドリゲスについて、彼が何者かを調べようと思いついた男性が、仲間を見つけて彼の足跡をたどろうとし、
当時彼のレコードを売っていたアフリカのレコード会社、契約していたレーベル、彼を売り出そうと懸命になったプロデューサーたちに
インタビューを試みていきます。
しかし、彼につながるためにお金の流れをたどろうとしたとき、それはぷっつりと断ち切られ、一体レコードの売り上げ金がどうなってどこへ消えたか
まったくわからなくなってしまい、彼らは途方にくれてしまうのでした。

しかし、糸はかろうじてつながっていました。
そして、話は思わぬ方向へと転じていくのです。・・・




『シュガーマン 奇跡に愛された男』は、2012年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した、
スウェーデン・イギリスのドキュメンタリー映画です。



名前だけはネットで聞いて知っていたこの真実の物語を、wowowでやっと見ることが出来ました。

・・・噂にたがわぬ作品でした。
けして豊かではない彼らの家族の言葉を聞いて、あらためて魂の安住とは何かということを考えさせられました。

一人でも多くの人に知ってもらいたい作品です。




映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』公式サイト
http://www.sugarman.jp/









関連記事
スポンサーサイト
ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

コメント

コレって、
うぅ、ええ人やぁーーー!!!
で感動できる作品なんですよねたしか…

アライメントが悪のあたしにはおそらくピンとこないかもしれませんww

でも実際のところ、音楽が商業化するまでは至極当たり前の話しであって、
コレがスゴい美談になってる時点で、世の中がいかに歪んでいるかがわかるってもんです。
  1. 2014/02/12(水) 21:59:29 |
  2. URL |
  3. † 結衣菜 † #TBb5cWT2
  4. [ 編集 ]
Re: コレって、
結衣菜さん、コメントありがとうございます!


> アライメントが悪のあたしにはおそらくピンとこないかもしれませんww

途中まで、このロドリゲスさんが一体どうなってしまったのか!?ということを探る、ミステリアスなその興味で持っていかれるので
あまり「ハートウォーミング」色を強調はしてないんですよ^^
そして、結末もある意味ハッピーエンドでない(一般的な価値観での)のも特徴ですね^^;


> でも実際のところ、音楽が商業化するまでは至極当たり前の話しであって、
> コレがスゴい美談になってる時点で、世の中がいかに歪んでいるかがわかるってもんです。

どっちかっていうと、たしかにお話の流れは美談ぽいのですが、この映画の本当の魅力はそういう出来事よりもやっぱりロドリゲス自身にあるような気がします。
彼自身はすべてを(自分に起こった悪いことでさえも)そのままに受け入れてたんたんと生きていく、
その、意識せずにもう解脱しているようなというか、そういう生き方に、「受けられる権利のある得はひとつも余すことなく要求する」ということに
必死になることの意味を考えさせられるというか、
あ、あほだからうまくいえませんwwwww

もっとうまく批評している人がいらっしゃるのでw もし興味があれば、ですがw

http://www.youtube.com/watch?v=vLBM-rQ5vC8
宇多丸が映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』を語る
  1. 2014/02/13(木) 12:39:59 |
  2. URL |
  3. Cloudy Claudius #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する