スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ 2013年05月31日 Another World コメント:2


amarec20130530-065409.jpg

先日照英王国で遭遇したアバターさんです。
思わず「チェさんのアバターですか??」とPMをお送りしたのですが、ちょうど移動されてしまったため、お話できませんでした。
とっさにキャプチャーでSSを撮っていたので、メールで掲載の許可をいただき、アップしました。
(すみません、ほかにも写りこんでいらっしゃる方がいるのですが、IDを控えていなくて・・・もし問題あればメールいただければ対処しますのでお許しくださいm(_ _)m)

メールでやりとりをさせていただいた結果、チェ・ゲバラ氏をイメージされたわけではなかったことが判明したのですが、
それでも素晴らしいアバターで、ものすごく惹かれたことに間違いはありませんw
どうもありがとうございました!^^)


・・・・◆・・・・


Che-Guevara-On-Face-The-Nation-che-guevara-18576052-594-592.jpg


赤いキリスト チェ・ゲバラ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%90%E3%83%A9
1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。



途中、フィデル・カストロの演説も入っています



・・・・◆・・・・


「バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。
人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家を想像することは不可能だ。」

(国連総会出席のためにニューヨーク滞在中、インタビューでの質問“革命家にとって重要なことは?”に応えてのゲバラの言葉)


裕福な家庭に生まれ、医師として生きる道もあったはずなのに、革命家としての使命をまっとうするために戦い続け
39歳の若さで亡くなったチェ・ゲバラ。
彼を突き動かした情熱の根本には、弱者に対する深い同情と平等の精神に基づいた社会をつくるという理想が強く存在していました。

1959年7月に彼はキューバの視察団をつれて来日。主要な工業施設を見学などした後、宿泊していた大阪から広島が遠くないことを知って
予定を変更、広島平和記念公園内の原爆死没者慰霊碑に献花し、原爆資料館と原爆病院を訪れたほか、広島県庁を来訪し、
当時の広島県知事だった大原博夫と会談しています。

そして彼がキューバに帰国後、この広島のことを伝え、現在でもキューバの初等教育ではヒロシマ・ナガサキへの原爆投下は
教科書に取り上げられており、ほとんどの国民がその事実をはっきりと認識しています。



・・・・◆・・・・


数年前にソダーバーグが彼について、二部作の映画を製作しました。

『チェ 28歳の革命』(The Argentine)・『チェ 39歳 別れの手紙』(Guerrila)
http://che.gaga.ne.jp/

もちろんこの二部作も素晴らしいのですが、わたしは個人的に、この作品が大好きなのです。
ここには、エルネストが革命家になった、その最初の魂の痛みが、こめられていると思います。


モーターサイクル・ダイアリーズ(The Motorcycle Diaries)
(ウィキペディア-モーターサイクル・ダイアリーズ-)

1951年 アルベルト・グラナードとともに、オートバイで南アメリカをまわる旅に出てラテンアメリカをつぶさに見聞。(第一のラテンアメリカ放浪)
1952年 南米旅行の最終地点ベネズエラのカラカスで、アルベルトと別れ帰国して医学部を卒業することを決意。

(チェ・ゲバラ wikipedia 年譜より)



映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」予告編Ⅰ


彼の愛は、いまもなお彼を慕う者たちの心の中に、生き続けています。




関連記事
スポンサーサイト
ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

コメント

革命家
高杉晋作ってチェみたいなひとだったのかな。
奇兵隊ってゲリラ部隊みたいだし。
  1. 2013/06/02(日) 08:28:42 |
  2. URL |
  3. Arianne #CX5fjf.c
  4. [ 編集 ]
Re: 革命家
arianneさん、コメントありがとうございます!

> 高杉晋作ってチェみたいなひとだったのかな。
> 奇兵隊ってゲリラ部隊みたいだし。

高杉晋作も若くして命を失った(こちらは病気でしたが)勤皇の志士ですね^^
日本が帝国主義の餌食になることを防ぐため尽力したのと、チェが弱者が搾取される世界を許さなかったのとは
通じるものがあるように思えますね・・・
たくさんの後輩に慕われ愛されていたところも似ているような気がします^^


  1. 2013/06/02(日) 19:52:41 |
  2. URL |
  3. Cloudy Claudius #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。