スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

Flickr が新しく変身してる 2013年05月22日 Web コメント:2

 
FlickrA.jpg


ちょっとご無沙汰している間に、フリッカーが様変わりしてました(汗)

Flickr
http://ja.wikipedia.org/wiki/Flickr 


インすると、まず contacts の最新フォトが提示される仕様になっています。
(今回はPlayStation.Blog とarianneさんのフォトがばばばん!と最初にクローズアップで登場w)

ちょっとわかりにくいですが、右のバーには参加しているグループの最新フォト(Your groupsの欄です) 。
新商品でお馴染みのDaniさんもFlickrを利用されてるようですね^^


・・・・◆・・・・


ところが、ググってみるとそれだけではありませんでした。(;゚Д゚)!


engadget日本版
米Yahooが Flickr を全面リニューアル、無料で1TBまでアップロード可能に
http://japanese.engadget.com/2013/05/20/yahoo-flickr-1tb/
米Yahoo が20日に開催したニューヨークでのメディアイベントは、買収したばかりの Tumblr よりも Flickr10+ 件 の全面リニューアル発表がメインでした。
(上記サイト記事中より引用)


なんと、ちょうどタイミングよくこの大幅なリニューアル後すぐにアクセスしたんですね。


くわしくは記事を読んで頂ければわかるのですが、力の入れようがすごいです。
今までのように、フォト上限200枚というような制限もなくなれば、IDを次々に作らなくて済みますよ!
(わたしのアカウントがA~Dまであるのは、200枚ごとに新しくしていたからです^^;)

スマートフォンからの閲覧も、アップロードも、どんどん使いよく見栄えよくなれば、利用者もまた増えるでしょう。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …


★今までご覧になったことがない方にはわかりにくいですが、リニューアル後の自分のフォトストリームはこんな風に。
がらっと変わっていますよね!(´ω`b)


FlickrB.jpg

使いやすいか使いにくいか、まだ判断はつきませんが、絶えず変化を繰り返していく海外のサイトの有り様は、
変化をあまり求めない日本人にとってはよい勉強材料になると思います。



* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …


そうそう、このパーソナルスペースも、もとはといえばこのフリッカーのフォトを展示するという目的があったのでした。
(自分のではなく、他の方の素敵なフォトをコレクションしてテーマごとに、とかね^^)

また楽しみがひとつ増えました。


PlayStation(R)Home Picture 2012-8-31 22-06-32






ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪
スポンサーサイト

Dear Rocca 2013年02月02日 Web

 
aboutme.jpg



さてみなさまに素敵なサイトをご紹介です。



Lazy : in
http://lazyinx.blog.fc2.com/


書体がオリジナルと同じにできなくてごめんなさい!
RoccaさんのPshomeフォトがたっぶり楽しめます。
アバターコスチュームのコーディネートがこの上なくオシャレ!ファン必見!(´∀`*)

またひとつ、更新が楽しみなサイトが増えました^^



そうだすよ、男だってネコ耳似合うお・・・
にゃーーーーーごっ!

★プロフィール頁、勝手に使っちゃってお許し!めちゃかっこいいんだもの!(´ω`b)







・・・★★★・・・★★★・・・★★★・・・・・・★★★・・・★★★・・・★★★・・・

 45夜 ばなー
大好きなビヨールさん♪






ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

松本人志の放送室 2013年01月19日 Web コメント:0



162回「ビンボー時代を激白食で・・」の回


松本人志の放送室
 『放送室』(ほうそうしつ)は、TOKYO FMをキーステーションに、AIR-G'を除くJFN37局ネットで放送されたラジオ番組。
 『松本人志の放送室』とも呼ばれる。放送開始当初はJFNCが制作していたが、2005年7月にTOKYO FMに移行された。

(ウィキペディア「放送室 (ラジオ番組)」より引用)



PSNメンテナンスの影響で、ホームにはインできません。
当初の終了予定時間が、延長につぐ延長で、現在発表されているのは本日の午後7時でしょうか?(日本時間)
(アカウントによっては、ネットワークにインできるものもあるようです。わたしはUSが先ほどインできたのですが、他は全部ダメ)


某掲示板で、ホームのアップデートが近々あり、データがサーバー保管になるという情報もでています。
PS3が1台の方はあまり影響がないと思われますが、複数台持ちで、それぞれにホームのデータを保管している場合は
アップデート後最初にインしたPS3のデータが書き込まれますので、注意が必要
です。
(わたしも複数台PS3があり、今まではそれを利用してアバター情報を40スロット以上持っているので(笑)、それをどうまとめるかで
ちょっと悩み中。なにしろいじっている途中段階で保存をやたらするので^^;)



========== * ========== * ========== * ========== * ========



↑で貼ったYouTube動画は今日見つけたものです。
いつも仕事場では、ニコニコ動画の方を流しています。
プレイリストで1回から連続再生し、もう通算で何ループしたか・・・(どんだけーー!!)ヘ(゚∀゚ヘ)
好きなフレーズはしょっちゅう口から出るし、何度聞いても同じところで大笑いし、ジーンとし・・・。

まだご存知なくて、ダウンタウンが好きな方は、こういう時の暇つぶしにいかがですか。
ラジオって、作業しながら流せるから便利なんですよね(テレビのように注視しなくていい)。
ただし、下ネタが満載の回もあるので、女子は注意が必要^^;
ちなみに、上記の回は我が家メモでも「★神回★」マークがついているものでした(笑)


我が家メモ
「あれあれ、あのフレーズの回どれやったっけ?」というときに役立つように、フレーズをちょこっと書き込んだ回数メモ。
<続きを読む>、に掲載していたのですが「あまりにも恥ずかしいからやめて」とクレームがついたので(汗)消しておきますw


いつも聞いてるニコニコ動画はこんな感じ↓
松本人志の放送室 第114回 03年12月04日
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1069925
114回「靴下アメリカン」 





まだまだメンテが長引きそうなら、フォトの話でも書こうかなあ・・・むー・・・

PlayStation(R)Home Picture 04-10-2012 22-50-39





ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

松岡正剛の千夜千冊 2013年01月03日 Web

 
matuokaseigoutobira.jpg
 


カテゴリを、「Book」にするか「Web」にするかでちょっと悩みました^^;。

松岡正剛の千夜千冊
http://1000ya.isis.ne.jp/top/


オスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」を読み終え、マルキ・ド・サドについて少し調べてみようと思い立ったときに、大変読み応えがあり
参考になった記事があったことから、ときどき立ち寄らせていただいています。(マルキ・ド・サド「悪徳の栄え」についての書評

ある本について調べようと思ったときに、この松岡さんのサイトに行き当った方は案外多いのではないでしょうか。


一度訪れると、氏の見識にまず圧倒されます。
わたしのようにちまちまと文学の欠片を拾い集めて読んでいるようなものには思いもつかないような、さまざまな作品の背景を把握し、
その関連性をふまえた上で、自身の思いを織り交ぜつつ展開されていく書評は、読んでいる人間をさらなる読書へと誘(いざな)います。


・・・と、まあ、そのように堅苦しく大げさに考えなくとも、ちらと目録を見て、興味ある分野の本が見つかったら、一度その書評を読んでみてください^^。
読書の楽しみが広がることでしょう。
わたしは、ドリアングレイ繋がりから見つけた、この本の書評がとても面白かった。

 ★0661夜 「やおい幻論」榊原史保美


やおいについて(すみません、こういうってはいるものの、やおい漫画を読んだことがあまり無い・・・たぶん雰囲気のみ知っている状態だと)
常々謎に思っている部分が、かなり解き明かされているのではないでしょうか?
とりわけ、なぜ女子が、女子抜きの恋愛にこれほどまでに没頭するのか、その理由がぼんやりとであれ理解できたような気持ちになります。
なにより、やおいにたいする評者の温かい視線が好ましい。
やおいが内包する文学性の指摘については、正直「やった!」と思ってしまいました(何故?w)



========== * ========== * ========== * ========== * ========



ああ、これ以上、天界のような図書館や洞窟のような図書館の感覚を文字にしていくなんて、悔しくなるばかりだ。
 図書館とは、すでに眠りこんでいたいっさいの知の魂を呼び醒ますための時空間装置のことである。それらはいったんは眠りこんでいた書籍をその胸に深く抱きこむだけに、どんな空間より死のごとく静謐であり、そのくせ、その一冊にちょっとでも目をいたせばたちまちに知の声が次々に立ち上がってくるのだから、どんな空間よりも群衆のごとく饒舌なのである。
 静謐であって饒舌であり、死の淵であるようでいて過激な生命の放列であるような図書館。こんなものは、人類がつくりあげた時空間装置のなかで、類例がない
。  -0282夜「ヨーロッパの歴史的図書館」より ヨーロッパの図書館の成り立ちや発展を述べた後で


わたしなどには読みこなせない本も多数(ほぼ?)紹介されていますが、それでも、そこここにはさまれるエピソードやうんちく、つぶやきが素晴らしい。
まだまだ未読の記事ばかりなので、上記の部分は、松岡さんのサイトを紹介されている
「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」「松岡正剛の読書術」を参考にさせていただきました。


映画「セブン」で、モーガン・フリーマンが調べ物をしに図書館に赴くシーンがあり、大好きなのですが、
この一節は、その図書館シーンを思い起こさせます。



この世に本がある幸せを思いつつ、ツンドクになっている本に「ごめんなさい」と小声でお詫びw


ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪

Happy Merry Christmas! 2012年12月24日 Web


2569-Gold-Christmas-vector-elements-24.jpg

Freepic.es
http://jp.freepik.com/



よいクリスマスを!!!


・・・フリー素材のクリスマスカードでごめんなさい^^;





・・・★★★★★★・・・★★★★★★・・・★★★★★★・・・★★★★★★・・・


 19夜 ばなー
編集の技術がどんどんアップするフジマロさんw


ヽ(*´∀`*)ノ ウェブクラップーー♪
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。